有明工業高等専門学校
緊急連絡トピックス 一般情報 入試情報 ○○の皆様へ その他 
専攻科入学希望の皆さんへ  推薦選抜(高専卒見込み者)  (2015,5/11)

平成28年度 専攻科学生募集要項
  出願資格

次の1),および,2)をともに満たす者
1)平成28年3月に高等専門学校卒業見込みの者で、学業成績および人物が優れていると認められる者
2)試験実施日の2年前以内にTOEIC公開テスト又はTOEIC IPテストを受験し、350点以上の成績を有する者


  出願手続


期 間 平成27年5月22日(金)から平成27年5月27日(水)まで。
(郵送の場合も、5月27日(水)までに必着のこと。)
時 間 午前9時から午後4時まで。
場 所 836-8585 大牟田市東萩尾町150 有明工業高等専門学校 学生課教務係


1)志願者は、出願に必要な書類等を整えて、提出してください。
2)郵送の場合は、本校所定の封筒を使用し、必ず書留としてください。


(1)入学願書本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(2)入学志願者志望調書本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(3)写真票・受験票写真は、出願3ヶ月以内に撮影した正面・上半身脱帽のもの(縦40mm×横30mm)とし、所定の位置に貼付してください。
(4)入学志願者調査書本校所定の用紙により、在籍する学校の長が作成し、厳封したものを提出してください。
(5)入学志願者推薦書本校所定の用紙により、在籍する学校の長が作成したものを提出してください。
(6)入学検定料16,500円。
本要項に綴り込みの「入学検定料振込依頼書」により志願者本人の氏名で振込の後、「検定料振込証明書(学校提出用)」を「入学検定料振込証明書」貼付欄に貼付けてください。
(7)受験票送付用封筒受験票の郵送を希望する志願者のみ提出してください。
本校所定の封筒に住所、氏名および郵便番号を明記し、362円分の切手を貼付して提出してください。
(7)受験票送付用封筒受験票の郵送を希望する志願者のみ提出してください。
本校所定の封筒に志願者の住所、氏名および郵便番号を明記し、362円分の切手を貼付してください。
(8)選抜結果用あて名票本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(9)TOEICスコアTOEICスコア及びその取得時期を証明する「公式認定証」又は「個人成績表」の写しを添付してください。
(10)その他現に日本国内に在住する外国人は、市区町村長が発行する「外国人登録済証明書」を提出してください。


1)出願書類の不備なものは受け付けません。
2)提出した出願書類に虚偽の記載があった場合は、入学後であっても入学を取り消すことがあります。
3)願書提出後の記載事項の変更は認めません。
4)受理した出願書類および検定料は、いかなる理由があっても返還しません。ただし、次の要件のいず
 れかに該当する場合は、納入済みの入学検定料を返還します。
  @入学検定料を振込んだが本校に出願しなかった場合。(出願書類を提出しなかったまたは出願を
   受理されなかった)
  A入学検定料を誤って二重に振込んだ場合。
※ 上記の入学検定料返還要件に該当する場合は、別紙様式により必要事項を記入後、出願予定の選抜
 試験の願書受付期間終了後に学生課教務係まで速やかに連絡願います。
    連絡先:〒836-8585 大牟田市東萩尾町150
        有明工業高等専門学校 学生課教務係
        TEL:0944-53-8622 FAX:0944-53-8862


  選抜の方法

 入学者の選抜は、面接(専門科目に関する口頭試問を含む)、志望調書、調査書、推薦書を総合して行います。
【選抜日時】
 平成27年 6月9日(火)午後2時から
 (注)午後1時30分までに本校学生課前に集合してください。
【選抜場所】
 有明工業高等専門学校


  選抜結果の発表

【発表日時】
 平成27年 6月16日(火)午前10時
【発表方法】
 本校に合格者の受験番号を掲示するとともに、受験者に合否の通知書を送付します。
 (電話等による合否の問い合わせには一切応じません。)
 また、同時刻にインターネット上の有明高専の URL(http://www.ariake-nct.ac.jp/)で合格者の受験番号を発表する予定です。


  入学確約書の提出

 合格通知を受けた人は、平成27年 6月23日(火)までに「入学確約書」を提出してください。
 期日までに「入学確約書」が提出されない場合は、入学の意志がないものとして処理します。


  入学手続き

 入学の手続きは、平成28年3月に行います。入学確約書を提出した人に、別途通知します。


  選抜の結果,合格とならなかった場合の取り扱い

「推薦による選抜」の結果、合格とならなかった場合で、学力による選抜(前期)の受験を希望するときは、再度、出願の手続きを行ってください。
 なお、再出願する場合は、志望調書、調査書の提出は必要ありませんが、検定料は必要です。